マッチングアプリ

Omiaiで出会った、どっちつかずなやきもき男性とのデート体験談

こんにちは!32歳専業主婦のユミです。

マッチングアプリってご存知ですか?

おそらく、使ったことはないけどアプリの存在は知っている、という方が多いのではないでしょうか。

一昔前は、ネットでの出会い=いかがわしい出会い系という、あまり良くないイメージがあったと思います。

しかし最近は、若い男女を中心に、彼氏彼女探しにマッチングアプリを利用することは当たり前のこと、という認識の人が増えていますよね。

私も最初は顔も本名もわからない人とネット上で出会うことに、戸惑いがありました。しかし幸いに出会った方々は良い人ばかりで、本当に縁に恵まれたと思います。

その中でも、最もたくさんデートを重ねた同い年のAさん。最初は順風満帆に思えましたが、どっちつかずでやきもきする男性でした。

今回はマッチングアプリ「Omiai」を利用し出会った男性、Aさんとのデート体験をお話ししようと思います。

「Omiai」ってどんなアプリ?

「Omiai」の基本情報

最近はマッチングアプリというと様々なアプリがあるようですが、私が利用したOmiaiはフェイスブックと紐付けして使うマッチングアプリでした。

全てがそのままで表示されるわけではありませんが、基本的にはフェイスブックに登録している情報を元に利用することになります。

登録されている異性の情報を見て、「いいな」と思った人に「イイネ」ボタンを押してアピールします。

そして相手からも「イイネ」が返ってきたらマッチング成立となり、メッセージのやりとりをすることができるようになります。

メッセージを何往復かするとフェイスブックを公開でき、自分のことを知ってもらうのはもちろん相手のことをより知ることができるようになります。

連絡方法はOmiai上でずっと行わなくてはいけないわけではなく、ラインなどへの移行は当人同士で行います。フェイスブックを見ることで実際に会うかどうか、ラインのIDを教えるかどうかなどの判断基準にすることができます。

はっきり言って、顔面至上主義アプリ!

写真とプロフィールだけでマッチングするため、プロフィールを充実させることはもちろん、写真はある程度「盛れてる」写真を使わないとなかなかマッチングに至りません。

私は最初、顔写真を登録することに抵抗があり顔が見えない写真を使っていましたが、全くマッチングせず…

意を決して少し顔がわかる写真に変えたことで、少しずつマッチングするようになりました。

首都圏在住の女性だと、登録すると一気に3桁、4桁のイイネがくることがあるようですが、私は全くそんなことはなく(笑)ゆっくりと落ち着いて男性とやりとりをすることができました。(複雑~^^;)

そこでマッチングしたのがAさんという同い年の男性。

Aさんからイイネをいただき、顔はなんとなくしかわからない写真でしたが、同い年なのに結婚についてとても真剣に考えているプロフィールに惹かれ、マッチングしました。

Aさんはこんな人

  • 同い年の当時27歳
  • 関西圏出身
  • インフラ関係勤務
  • 車が趣味
  • トークが軽快

仕事後、電気がついている家に帰りたいと思うようになり、結婚を意識するようになった。とプロフィールにあり、真剣に結婚を意識しているのだなぁと感じました。

私も良い人がいればとんとん拍子での結婚を希望していたので、これは良い人と出会えたかもしれないぞ?とウキウキしていました。

軽快なトークも心地よく、実際に会う日を楽しみにしていました。

マッチングしてすぐに初デートへ

渋谷 駅前 待ち合わせ

トークの軽いノリで、マッチングしてからサクサクとラインへ移行、そしてすぐに会ってみようという話になりました。

私はもともとメッセージだけを長く続けるより、メッセージを通して嫌な印象がなければどんな人なのかを知りたいのですぐに会うことに抵抗はありません。

その日はAさんが仕事だったので、職場の近くということで渋谷で会うことにしました。

初デートの待ち合わせは土曜日の渋谷駅前

何も考えずに「渋谷駅前で~」と待ち合わせをしましたが、土曜日の渋谷駅前をお互い舐めていました。

大混雑で会える気がしない!

ラインで「このへんにいるよ~」とやりとりをしていると、ふと目が合った男性が一人…

Aさんでした。この状況で会えるなんて、奇跡!(写真はわかりにくかったけど写真通り!むしろ写真よりいい感じに見える♪)

Aさんからも「写真よりかわいいね」と言ってもらえて、お世辞でしょうが照れました。

この時初対面でしたが、メッセージを事前にやりとりしていたため初めてという感じがせず、最初から打ち解け、手ごろな居酒屋に入りました。

楽しい居酒屋でのトーク

同い年なのですぐにタメ語になり、和気あいあい。

(ほんと初めてって感じがしないなぁ。友達と飲んでるみたい)

恋愛トークでは、Aさんの結婚に対する熱い思いを聞きました。

(めっちゃ真剣!!これはかなり優良物件では!?!?)

と、内心ムフフと思いながらAさんの話を聞いていたところ、より真剣さをアピールしたかったのか「俺結構稼いでるんだよ!」と突然、給与明細を見せられました(笑)

(まさか初対面で給与明細見せられるとは…)
(でもあんまりじろじろ見ると、それ目的っぽくなるからあんま見ないでおこう…)
(…てかちょっと引くわ~…笑)

驚きの展開もありつつも、和やかムードで次回デートの約束までしてこの日は解散しました。

頻繁にデートを重ねるも、進展しない距離

屋外ビールイベントでのデート

THEデートスポットでのビールイベント。天候もよくとても気持ちがよかったです。

Aさんは海外のビールに詳しいらしく、いろいろと説明してくれました。

青空の下ビールを楽しみほろ酔いに、周りはカップルが多くちょっといい感じに…は、なりませんでした…。

Aさん「ビールおいしかったよね。よかったら今度家でビアパーティーしようよ」
私「そうだね、友達誘ってやったら楽しそう!」

(まだ2度目なのに宅飲みに誘うとか、どう考えてるんだろう…でもAさんの感じだと何も考えてなさそう)
(むしろ、何も考えていないっていうか異性に見られてない!?)

急に誘ってもすぐに来てくれる

住んでいるところが、同じ沿線の数駅離れたところという近距離だったため「今からごはん行かない?」という誘いもよくありました。

こういった食事も何度かしましたが、いつもご飯食べた後は解散という健全デート。

お酒を飲んでもいい雰囲気になることもなく、だんだん「この人とは今後どうなるのだろう?」と漠然と思っていました。

誘えば来てくれるけど、それだけ…そろそろ進展してもいいのでは?とやきもきし始めました。

遠出をするも何もなし

車 ドライブデート

やきもきしていたところ、Aさんから自分の車で少し離れた観光地へドライブに行かないかと誘われました。

(これは進展するかどうかの分かれ道になりそう)

二つ返事で了承し、当日を楽しみにしていました。

Aさんの車は車好きな人が乗っていそうな、MT車。私がMT免許を持っていると話すと「女性でMT免許持ってるなんてすごいね!運転してみてもいいよ」と、とてもうれしそうに言われました。

往路は話も盛り上がり、とても楽しいひと時を過ごしました。

観光地で有名な食事処に寄ったり、お土産や庭園を見たり、端から見ればカップルに見えていたことと思います。

Aさんが景色のいいところがあるから寄ってみよう、と言われ(これはなにかあるかも…)とドキドキしました。

しかし、「いい景色でしょ~ここ俺いつも来るんだよね」と二人でのんびり景色を眺め、私から今後の関係について切り出そうか迷っていたところ「じゃぁそろそろ帰ろうか」とAさん。

(え~ここまで来て何もなしかぁ…)

復路はお互い疲れもあり、無言での帰宅に…。

ここまでの感想

いい人なんだけどなー!!私の気持ちもまだ「友達」って感じだから、このままだとキープする感じになっちゃう。

でも向こうも異性としては見てない気がする。

家に誘ったりしてぐいぐい来るかと思いきや、あっさり帰ったりとか…キープなのかなぁ?
もしくは優柔不断男?断れない系男子?

これはそろそろはっきりさせたい…

他男性との同時並行を疑われる

休みがかぶっている日に予定があると「何してたの?」

お互いの休みの日はわかっていたので、休みが近くなるとお誘いが来ることがありました。

しかし、私もAさんとの関係に迷っており婚活は並行して行っていたため、急な誘いだとお断りすることも。

すると、次に会った時に「この前は何してたの?」と、次第に同時並行を疑われるようになってきました。AさんもOmiaiには登録したままだったので、同時並行をしているものだと思っていたので少し驚きました。

(え~付き合ってるわけでもないのに、休みの日の予定まで聞かなくてもよくない?)
(そこまで聞くならはっきりしてよ~)

少しずつ距離が離れていく

だんだん気持ちが冷めてしまい、Aさんも同様だったのかだんだん連絡をとる頻度が落ちていきました。

ドライブデート後に次の約束をはっきりしなかったこともあり、なんとなくどちらも誘うことなく…という日が続きました。

Aさん「俺の誕生日、一緒に過ごしてほしい!お祝いしてー!」
私「OK~!」

なんてやりとりもしていましたが、なんとなく約束がないまま、連絡を取り合うことがないまま、気まずくなりそのままフェードアウトしてしまいました。

Aさんとのデートを振り返って

最初に会った時から「友達みたい」と思っていましたが、それを払拭することができませんでした。

デートは毎回とても楽しかったのですが、Aさんのことがすごく好きかと聞かれると「まだわからない」という心境だったため私からも積極的にアピールすることができず、Aさんにも不安な思いをさせてしまったのかもしれません。

何度も会っていくうちに好きになるかも、と思っていましたが、そういうことばかりではないんだなと学びました。

Aさんから積極的なアピールがあれば変わったのか?どこかで私がきっかけを作れば違っていたのか?とも思いますが、それも今になってしまうとわかりません。

まとめ

Aさんとは婚活をしていた中で、一番長く「付き合ってない状態」でやりとりをし、デートをしました。
私が中途半端な気持ちだったため、Aさんにはとても失礼なことをしたかもしれません。

ですが、婚活をしていれば同時並行はよくある話ですし、付き合う前であれば相手が同時並行をしていてもかまいません。

むしろ、気になる人が他の女性とやり取りをしていたら、きっと猛アピールします(笑)私もそうして欲しいですし。疑うならもっとアピールしてほしかったかな。

でもそれをしないでフェードアウト終了ということは、きっと私たちの間には縁がなかったのだと思います。

Aさんはとっても素敵な方だったので、今いいご縁に巡り合えていることを願っています。